フリーランス

Web制作の将来性は?AIに代替される?

 

こんにちは!元公務員エンジニアのウメ(@ume011205)です。

 

ぼくは今バンコクのノマドエンジニア育成講座iSara(5期)を受講しています。

最近はフリーランス界隈も盛り上がりを見せていて(一般の認知としてはまだまだだと思いますが)、Web制作を行う人も増えてきたと思います。

 

そんなWeb制作の将来性について、iSara5期の講義内容にありましたので、フリーランスとしてどう行動していくかの考え方を交えながら、書いていきたいと思います。

 

 

Web制作はAIに代替される?

結論から言うと代替される可能性は高い

AIに代替される職業という話題は最近よく話されていますよね。

例えば事務職員、コンビニやスーパーの店員、飲食店の接客などいろいろな職業が言われています。

 

これはWeb制作においてはどうなのでしょうか?

結論から言うと、十分AIに代替される可能性のあるものだと考えます。

 

Web制作のスキルは単純作業のようにすぐ身につくものではなく、それこそ続ける限りずっと勉強しなければならないものです。

しかし、ホームページを作るということ自体は、どう構成するかが決まればAIが勝手にHTMLやCSS、JavaScriptの組み込みまで行うようになる可能性は十分にあると思います。

人類は飛行機での初飛行から宇宙への到達をわずか40年足らずで成功させた

話は少し逸れますが、ライト兄弟が飛行機を発明し、飛行を成功させたのが1903年の出来事になります。

それまで人類はおそらく空を飛べるということを考えたことすらなかったでしょう。今では飛行機が当たり前の存在になってますよね。

 

さらに、そこからロケットが宇宙に初めて到達したのは1942年であり、なんと40年経っていないのです。

宇宙に到達した史上初のロケットはV2ロケットの原型であるA4ロケットである。1942年10月3日に行われた3回目の打上げでA4は宇宙空間に到達し、打ち上げ地点から192キロメートル先の地点に落下した。1957年10月4日にはソビエト連邦のスプートニク1号が打ち上げられ、世界初の人工衛星となった。この打ち上げによってスプートニク・ショックが引き起こされ、アメリカ合衆国は震撼した。1961年4月12日には世界初の有人宇宙飛行となるボストーク1号が打ち上げられ、ユーリ・ガガーリンが世界初の宇宙飛行士となった。

出展:wikipedia

上記のとおり、宇宙に到達した1942年から15年後には初の人工衛星が打ち上げられ、その4年後には宇宙への有人飛行を成功させています。

 

このように、技術の発達は自分たちの想像以上に素早く行われていくものです。

現代においては特に技術の進歩が早く、どんな技術がAIあるいは他の技術に代替されるかというのはわかりません。

現代においてはあらゆる職業において、技術の進歩を踏まえてこの先どう生き残っていくかを考える時代になっていると言えるでしょう。

 

まずは稼ぐことにコミットする

考えすぎて動かないのは一番だめ

Web制作はAIに代替される、だからといってそこで考えてばかりで動けなくなっては元も子もありません。

AIの進歩は著しいとはいえ、2・3年ですぐどうにかなるということは考えづらいでしょう。

 

それよりはまず稼ぐことに舵をとりましょう。まずは行動してある程度稼げるようになってから、この先どうしていくかを考えるべきでしょう。

稼ぐために行動していれば、現時点では見えていないことも見えてくるでしょうし、行動できる幅も違ってくるはずです。

それから例えば派生して別の道を模索する、あるいはまったく違う道を進むことも考えればいいかと思います。

 

一度稼ぐ経験をすれば、他の道でもその経験が活きる

フリーランスとして稼ぐには、技術力だけでは足りません、営業力が大事です。

そして営業力はWeb制作だけでなく、例えばライティングや動画編集など他の技術で稼ぐにおいても重要な力です。

 

この営業力がなければ自分の力で稼ぐ経験というのはできません。つまり、稼ぐ経験ができていればこの営業力が備わっているので、他の技術で稼ぐ方向にシフトしたとしても、最初の頃よりスムーズに稼げるフェーズに移行できるでしょう。(もちろんある程度の技術力も備わっていることは必須なので、新しいことを始めれば稼げない時期は当然あるでしょう)

 

まとめ

Web制作だけでなく、ライティングや動画編集など、あらゆる仕事はAIに代替される可能性は十分ある、有り体に言えばわからないと言えるでしょう。

 

AIに代替される可能性があるからといってやらない、動かないではいつまでたっても稼げる自分にはなりません。

Web制作、ライティング、何でもいいですが、まずは稼げる自分になるため、今ある目の前のことにしっかり取り組んでいきましょう。

行動することを前提にした上で、技術の進歩が早いことを自覚し、時代の流れ・トレンドを見極めることを忘れないようにしましょう。

ABOUT ME
ウメ
29歳のフリーランスエンジニアです。 7年間務めた公務員を退職し、活動を開始しました。